種類

白髪染めにはそれぞれ特徴があるので、状況に応じて上手く使い分けていくことが必要になります。
クリームタイプの白髪染めは、小分けにして保存する事が出来ます。
その為、新たに生えてきた箇所を部分染めする事が出来るのです。
生え際をしっかりと染められるので、髪の毛が伸びる人でも簡単に違和感なく染める事が可能でしょう。

液状に伸びやすいジェルタイプのものは、ムラなく染める事に長けています。
その特徴から、部分染めではなく、全体的な白髪を染めやすいと言えるでしょう。
また、黒髪が多い人でも少量に生えてきた白髪に対してしっかりと染める事が可能なのです。
ムラなく綺麗に染めたいという人には最適の白髪染めです。

クリームタイプのものが主流だったヘアカラー剤や白髪染めは、近年手軽に染める事が可能となった泡タイプが出てきました。
泡タイプは、髪の毛を染めるというよりも、スタイリングをする感覚で染める事が出来るでしょう。
その手軽さゆえに、髪の毛を染める事に慣れていない人でも使いやすいと好評です。

水に溶くだけで簡単に白髪染めの液となります。
粉末タイプのものは以前からあり、長い事多くの人に使われてきました。ヘアカラー剤や白髪染め特有のきつい匂いがなく、部分染めにも全体染めにも利用する事が出来ます。
粉末タイプの中には、小分けにする事が出来るものもあるので、その特徴も人気の要因となっています。

マニキュアタイプの白髪染めは、おしゃれ染めとも言われるヘアカラーのように、髪の毛の内部から染み込ませていくのではなく、表面から染み込ませるものです。
この方法は、色を綺麗に保つ期間が短いという特徴があります。
しかし、自然な色を発色する事が出来るので、多くの人に好まれる方法でもあります。